意外と知らない紫外線対策用語

日焼け止めを使う時、spf50というのを目にしたことがあるという方も多いでしょう。しかし、この意味に関しては知らないという方も実は多いです。確かにこの言葉にはどういう意味があるのでしょうか。ここで詳しく解説します。

人の肌というのは、太陽光に当たることによって、日焼けしていきます。その時間は人によって違ってくるのですが、炎天下で長時間活動していると徐々に皮膚も黒くなっていくでしょう。
そんな日焼けまでの時間に関して、引き延ばしてくれるのが日焼け止めだと言えます。実際に日焼け止めに関しては日焼けさせなようにしてくれるアイテムだと思っている方も多いです。しかし、実際には引き延ばしてくれているという感覚に近いです。
そのため、実際には引き延ばしているだけで、日焼け止めを塗っても長時間外にいると、若干日焼けしてしまうこともあります。そこは利用する日焼け止めによっても変わってくるので、自分に合っているものを見つけなくてはなりません。

日焼け止めのspf50とは

日焼け止めなどに書かれているspf50というのは、日焼けをする時間を50倍まで引き延ばしてくれるというものです。例えば3時間ほどで日焼けしてしまう人がいたとすれば、150時間まで引き延ばしてくれる感覚に近いです。
そう考えるととても分かりやすいのではないでしょうか。実際にこの時間に関してはあくまでも目安なので注意が必要ですが、日焼け止めを利用する方に関しては、しっかりと考えておくと良いのではないでしょうか。